ヘルマン・ハウザーV セゴビアモデル/プレミアム ギター

ヘルマン・ハウザーV セゴビア・モデル 松/中南米ローズ 2000年中古品です。
サウンドホールのモザイク模様がセゴビアが弾いていたマヌエル・ラミレスのモザイクと同じ模様になっていることから『セゴビア・モデル』と言われています。
リョベート・モデルの場合は、スペインの名ギタリスト/ミゲル・リョベートが、ドイツ公演で演奏した製作家/アントニオ・デ・トーレスのギターの性能の素晴らしさ(音量・音色・遠達性)に感銘したヘルマン・ハウザーT世が、ミゲル・リョベートに、そのギターの採寸を申し出、許可を得て採寸し、それを基にギター製作を本格的に始めたという有名な逸話を残した、名家ハウザー家のギター製作の基礎となっているモデルです。
その後、ハウザーT世製作のリョベート・モデル(トーレス・モデル)のギターを見たスペインの名ギタリスト/アンドレス・セゴビアが、当時、自分が使っていたマヌエル・ラミレス(このギターは1912年サントス・エルナンデスが製作したもの)のギターを採寸させ、スペイン式の構造をもコピーし製作させたという逸話も有名な話です。
そして、その後、ハウザーT世製作のギター(1937年製)を弾いたアンドレス・セゴビアに、『これ以上のギターを作る必要はない』と言わしめたというのも有名な話です。
ということから、ヘルマン・ハウザーVは、リョベート・モデルやセゴビア・モデルを作るようになったのです。

このギターは、ほんの少しハウザーU寄りの典型的なハウザーVの音色です。雑味や淀みのないクリアーな高音域の音で、低音域はハウザー特有の男性的な力強い音です。
製作から20年経過していますが、キズはほんの少ししか無く、年代の割には使用感の少ない個体です。


ネックは、真っ直ぐです。
修理箇所:ありません。 割れ・ヒビはありません。
傷みなど:キズほんの少し。美品です。
弦高:@3.0mm E4.0mm
ナット幅:52.0mm
ナット部弦幅:44.0mm
軽量ケース付きです。

楽器名 HERMANN HAUSER V SEGOVIA
生産国 ドイツ
年式 2000
表面板 スプルース
裏板/横板 中南米ローズ
塗装 ラッカー
弦長(1弦) 647mm
糸巻 ライシェル
税別販売価格 ¥1,800,000
詳細画像
トップ
バック
ロゼッタ
ヘッド
ペグ
※もっと詳しい画像が必要な方は下記質問フォームにてご請求下さい。メール添付でお送りします。
●この商品について質問する
楽器名(必須):
お名前(必須):
メールアドレス(必須):
質問内容(必須):