黒澤哲郎 La infanta/新品 クラシックギター

黒澤哲郎 La infanta/MANUEL RAMIREZ MODEL/630mm 松/ローズウッド 2023年特注品新品です。

セゴビアが1912年から1937年まで愛奏した、1912年に製作されたMANUEL RAMIREZ(マヌエル・ラミレス)作のギターを研究し、黒澤哲郎氏がマヌエル・ラミレスの音を再現/製作したギターです。
力木とヘッドのデザインはマヌエル・ラミレスと同じにしてあります。
製作方法は、手間のかかるスペインの伝統的なスペイン式一本棹方式のネックジョイントで、塗装はセラックのタンポ塗りとなっています。
このため、マヌエル・ラミレスに限りなく近い音となりました。
マヌエル・ラミレスの特徴である、低音はドスーンと重厚で力強く音量があり、高音は柔らかで奥行きのある音が実現しました。
若き日のセゴビア・トーンを体感してください!!

セゴビア・トーンをそのままに、特別注文で弾き易い弦長630mmのギターを製作いたしました。
弦長が630mmになりますとテンションが柔らかくなり、力を入れなくても、右手・左手共に楽々と弾くことができます。『手の小さい方』や『弦長650mmでは疲れてしまう!』というお客様には、最高の品物です。

普通でしたら弦長が630mmの場合は、自動的にナット幅は50.0mm ナット部弦幅は40.0mmとなりますが、特別注文でナット幅は52.0mm ナット部弦幅は42.0mmといたしました。(弦長650mmと同じ仕様)こうすることによって、ローポジションの難しいフレーズが弾き易くなりました。

表面板は上質なスプルース、サイドバックにはインディアンローズウッドが使用されています。
また、ネックはセドロのスペイン式一本棹方式でボディーとジョイントされています。
指板はエボニーです。
塗装はスペイン式のセラックのタンポ塗りです。
オプションで①弦のみ20フレット追加し、7フレットにポジションマークを付けました。

こちらのギターは注文を出してから13ヵ月かかりました。
ラベルのL.G.Oは、LLUCK GUITAR ORIGINAL(ラック・ギター・オリジナル)の略です。
黒澤哲郎氏、スペイン仕込みの逸品です。

申し訳ありませんが、ケースは別売りとなります。

弦高:①2.8mm ⑥3.7mm
ナット幅:52.0mm
ナット部弦幅:42.0mm

楽器名 KUROSAWA TETSUO La infanta/630
生産国 日本
年式 2023
表面板 スプルース
裏板/横板 ローズウッド
塗装 セラック
弦長(1弦) 630mm
糸巻 ゴトー35G-1600
税込販売価格 ¥478,000
詳細画像
トップ
バック
ロゼッタ
ヘッド
ペグ
※もっと詳しい画像が必要な方は下記質問フォームにてご請求下さい。メール添付でお送りします。
●この商品について質問する
楽器名(必須):
お名前(必須):
フリガナ(必須):
メールアドレス(必須):
確認のためもう一度(必須):
電話番号(必須):
質問内容(必須):

送信確認(必須): 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください