JPSE RAMIREZ(ホセ・ラミレス) 1a/664mm/中古 クラシックギター

JOSE RAMIREZV(ホセ・ラミレスV) 1a/664mm 杉/ハカランダ 1982年中古品です。
CARLOS BLANCO PENA(カルロス・ブランコ・ペーニャ)作の特別注文品です。
この頃は基本、サイド・バックはインディアンローズウッド仕様ですので、ハカランダでの特別注文品となります。

ホセ・ラミレスVは、アンドレス・セゴビアが1964年から亡くなる1987年までの23年間愛奏していたギターです。
セゴビアが来日した1980年・1981年の時に弾いていたラミレスは、サイドバックはインディアンローズウッドであり、亡くなる前年の1986年作のラミレス(これは荒井貿易本社のカサ・ラミレスにあります)もサイドバックはインディアンローズウッドでした。

ホセ・ラミレスV(1922年〜1995年)はアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。
翌年1923年にホセ・ラミレスT(1858年〜1923年)が他界したため、ホセ・ラミレスU(1885年〜1957年)と共にスペインに戻ることとなりました。
ホセ・ラミレスUが他界した後(1957年)は、ホセ・ラミレスVラベルとなります。

この大きなラミレスは、セゴビアが大ホールで演奏するために、大きな音量を得るためのボディも含め大型化した設計となっています。
また、初めて表面板にシダーを使用したことも音量の増大に寄与しました。
そして、 シダー材を使ったことで、ポリウレタン塗装とのマッチングにより、スプルース材の表面板のギターに比べ音色もガラッとかわり、明るく華やかでシダー材特有の温もりがあり、甘く優しい音色となりました。
セゴビア・トーンと言われた独特の音色は、この弦長が664mmのラミレスでしか出すことができません。

弦高を下記の通り低くセットしてあるため、@弦以外は強く弾くとビリつきます。
オリジナル・ハードケース付きです。

ネックは、真っ直ぐです。
修理箇所:見当たりません。
傷みなど:表面板A弦の真下のサウンドホールとブリッジの間に5センチ程の縦のキズがあります。ブリッジ@弦のところに弦飛びがあります。前記のキズ以外は新品同様の綺麗な状態です。
弦高:@2.6mm E3.4mm
ナット幅:54.0mm
ナット部弦幅:45.0mm

楽器名 JOSE RAMIREZ V 1a
生産国 スペイン
年式 1982
表面板 シダー
裏板/横板 ハカランダ
塗装 ポリウレタン
弦長(1弦) 664mm
糸巻 フステロ
税込販売価格 ¥550,000
詳細画像
トップ
バック
ロゼッタ
ヘッド
ペグ
※もっと詳しい画像が必要な方は下記質問フォームにてご請求下さい。メール添付でお送りします。
●この商品について質問する
楽器名(必須):
お名前(必須):
メールアドレス(必須):
質問内容(必須):